借金の返し方、比較・体験サイト

借金を返すには順番がある

借金返済のための第一歩

それは単純なことです。 「必ず家計簿をつけてください。」

借金で困っている人ほど、実は自分がいくら使ったかを把握していない人が多いのです。

お金の出入りをきちんと把握していれば、それに見合ったお金の使い方ができるはずです。

自分の収入がいくらで、だいたい1ヵ月に使うお金はどれくらいかを、きとんと把握しておきましょう。

そうすれば、現在の自分の状況がはっきりと見えます。借金で苦しいときは、それらの数字に目をつむりがちです。でも、それではいつまでたっても、借金は消えません。

それが分かれば、どれくらい収入を増やさなければならないか、どれくらい節約すべきなのかが、はっきりと数字で分かります。この数字に目を背けないでください。

借金の返済順序を考える

さて、現在の自分の状況をきっちり把握できれば、借金を返済する方法を考えていかなければなりません。

いくつもの金融機関から借りている場合は、できるだけその数を減らしていくことを考えなければなりません。これは次項で説明する“借金の借り換え”に影響するからです。というのは、できるだけ件数が少ない方が、より低利の金融機関の審査に通りやすくなるからです。

たとえば、ボーナスが入って少しまとまったお金が手元にあったら、より借入額が少ない金融機関を完済して件数を減らすことを検討してください。

借金の返済順序を考える

借金は理由はどうあれ、返済すべきものです。しかし、「借金はなくならないシステムになっている」で申し上げたように、高い金利の業者から借りていると、その返済は非常に困難なものになります。

そこで、前項にも少しご紹介した方法として“借り換え”があります。

借り換えとは、今ある借金をより金利の低い他の金融機関に借り換えることで、借金の負担を減らそうと言うものです。

しかし、もちろん最初に借りたときのように、その金融機関でも「審査」があります。つまり、あなたが返済可能かどうかを審査されるわけです。

「今、借金があるのに、審査なんて通らないんじゃないか…」

心配はごもっともです。でも、やってみなければ分かりません。最初から諦めてはいけません。貸し手側もできるだけたくさんの人にお金を貸して利益を出しているのですから、可能性があるところにはできるだけ貸そうするはずです。

それに事実として知っておきたいのは、消費者金融では3ヵ月、カード系では6ヵ月で過去に申し込みがあった事実は消されるということです。一時期に何件も申し込むと“申込みブラック”として登録されてしまいます。一度に申し込むのは3件くらがいいでしょう。そして上記の期間が過ぎている人は、チャンスというわけです。

マイルがたまるカード