借金の返し方、比較・体験サイト

借金とは何か

借金には「悪い借金」と「良い借金」がある

「そんなこと聞かれなくても分かっている!」

その通りかも知れません。でも、まず最初に「借金」というものの実態を、あなたにもう一度認識していただく必要があると思うので、このような章を儲けました。

あなたはお金を借りるとき、どのようなつもりで借りたのでしょうか?

もちろん、返せると思って借りたのでしょうね。踏み倒す気で借金をする人は普通はいないと思います。

では、どの程度のプランを持っていましたか?
確かに返せるというアテがあって借りたのでしょうか?

そのとき、お金が必要だったから、“たぶん”返せるとだろうという甘い気持ちはありませんでしたか?

もちろん他人の借金の保証人になって、逃げられたという人もいます。でもその保証人になったとき、自分でその保証したお金を返せるというアテはありましたか?

借金は借りてしまうと自分のお金のような気持ちになりがちですが、あくまで他人のお金です。必ず返さなければいけないお金です。

それなのに、甘い気持ちで借りてしまうと、あとで痛い目に遭うわけです。

借金には「悪い借金」と「良い借金」があるといいます。

「悪い借金」とは、消費のための借金です。たとえば生活費が足らないから借金をする場合、その借りた分とあわせて利息も返さなければいけません。借りる前の状態で生活費が足らないのに、利息もあわせて払うとなると、ますます生活費が足らなくなるのは当たり前です。

一方「良い借金」もあります。たとえば事業を興すための借金などがそうです。もちろんしっかりした事業計画があってのことですが…。しかし、これとて、その計画が崩れてしまえば、多大の借金をかかえてしまうわけです。

「最後は自己破産すればいいから…」
そんなことを考えていませんか?

確かに一回はいいでしょう。しかし、自己破産は、そうそう何回もできるものではありません。

借金を簡単にする人は、せっかく全額返済しても、また借金をしてしまう人が多いそうです。

それは、結局その人に「甘い気持ち」があるからです。

失礼な言い方をして、申し訳ありません。

しかし、ここで約束して下さい。

もし、あなたにそのような「甘い気持」があるなら、ここで捨ててください。

まず、最初にあなたに、そのことを分かって欲しかったのです。

借金はなくならないシステムになっている。

あなたはどこから借金をしているのでしょうか。銀行ですか?消費者金融ですか?

もし、消費者金融なら注意が必要です。それは消費者金融の借金は、容易にはならならないようなシステムになっているからです。

たとえば、100万円借金をしているとしましょう。そして毎月25,000円返済しているとします。するとその中で利子は平均の年利18%で、何と約16,700円にもなります。

つまり、半分以上が利子で、このペースで返済していくと完済までに5年もかかってしまい、総支払額は150万円以上にもなってしまいます。

それを防ぐには、一気に10万円、20万円と返済しなければなりません。

その事実をしっかり理解しておいてください。

マイルがたまるカード